トップページ> 各種レポート > 製品情報

64ビットOS対応、物理シミュレーションが強化されたCarrara8

  Carrara8 は、DAZの3DCG統合ソフトで、3Dオブジェクトの配置、モデリング、レンダリング(アニメーションも可)が出来るソフトだ。

 

 モデリング機能は、3Dフィギュアの服から肌がはみ出ているのを直す程度で、専用モデリングソフトにはかなわない。しかしまあ、定価約$150(2010年のレートだと1万円ちょっと)で、これだけの機能が揃っているものは、他にはないだろう。

 Poserとの親和性が高く、PoserライブラリからCarraraシーン内に直接モデルを呼び出せるのもポイント。

新機能

  • 64ビットハードとOSに対応し、より複雑なモデル・シーン作りが可能になった。また、マルチスレッドもサポート。DAZでのテストでは、平均してレンダリング時間が200%短縮されたようだ。
  • COLLADAとFBXによるデータ変換精度が改善された。
  • フィギュアや服を、ゼロポーズにせずにCarraraのモデリング機能で編集出来るようになった。ポーズをとった状態での服の変更(ハミ出し対策など?)に役立つ
  • ネットワークレンダリング機能が改善された。マスターマシンからのノード切り離しも可能に。
  • 法線マップに対応した。
  • 何度もアンドゥ・リドゥができるようになった。(ただし、メモリ搭載量などによって制限はありそう)
  • ユニコード対応。3Dテキスト(文字を3D化する機能)で日本語が使えるほか、オブジェクト名にも日本語名がつけられる。
  • 地形ウイザード、スカイシミュレーション、リアルスティックスカイ、ツリーモデラー、地形モデラー、ボリュメトリッククラウド、オーシャンプリミティブなど、自然のシーンを表現する機能が満載。このうち、Carrara8では、植物ごとに異なる葉を生やす?機能が追加されたようだ。
  • ゴッドレイ(雲の隙間から差し込む光のような効果)やバーンドア効果が使えるようになった。バーンドア効果は周囲の色が映り込む機能?
  • パペッター機能が追加。ポーズからポーズへ、マウス操作で補完しながら移行できる機能で、動きのタイミングをマウス操作で指定できるため、「生きた動き」を比較的簡単につけることが出来る。
  • 剛体物理シミュレーション(固いもの同士がぶつかるような動きの物理シミュレーション。有名なオープンソースのBulletを採用)、ソフトボディシミュレーション(柔らかいものがぶつかるような動きの物理シミュレーション)が搭載された。ただし、またベータ版。

 色々あるけども、目玉は64ビット対応(ハイスペックPCを持っていれば、その性能がいかんなく発揮される!)、ゴッドレイなどのレンダリング関連機能追加、剛体、軟体物理シミュレーションあたりだろう。


 Carrara8

 PoserやDAZ STUDIOとの親和性が高い統合3DCGソフト。

 英語版のみのため、初心者にはとっつきにくいが、レンダリングの美しさ、スピードからPoserフィギュアのレンダリング目的に使用しているユーザも多い。 

関連:


Cararaは、比較的低価格ながらモデリング、レンダリング、アニメーションの充実した機能を持つ統合3DCGソフトです。3DフィギュアポージングソフトPoserとの親和性も高いです。

Poser関連の情報は、Poser覚書にまとめてあります。
トップページ> 各種レポート > 製品情報 もくじ