トップページ> Carrara操作 > Poser連携

PoserライブラリからCarraraにフィギュア等を呼び出せるように設定する

  Carrara6 の魅力のひとつは、Poserとの連携。有料無料含めたPoserフィギュアや服、ポーズデータが、割と簡単にCarraraに持ち込めるのだ。

 今回は、「Poserライブラリからフィギュアを呼び出せるように設定する」方法を覚書してみたい。まずは、設定済みの画面イメージを見てもらおう。


▲CarraraのContentパネルから、Poser7女性フィギュア「シドニー」をドラッグ&ドロップで呼び出したところ

 そう、インポートを指定してパラメータをごちゃごちゃ指定して…などと小難しいことをしなくても、Poserなみの気楽さでフィギュアをポンと呼び出せてしまうのだ。では、やり方。

CarraraにPoserのRuntimeフォルダを設定する

Carraraを起動する


▲起動直後の画面

 

画面下部の「Content」タブをクリック
「黒い書類マーク」っぽいアイコンをクリック
「Add Runtime...」を選択


フォルダの参照ウインドウが表示されるので、PoserのRuntimeフォルダを指定し、OKをクリック

 ちなみに、Poser7だとデフォルトで、 C:\Program Files\e-frontier\Poser7J\Runtime がRuntimeフォルダとなる。

 Contentパネルに「Poser 7J Runtime」が追加された。

 三角マークをクリックすると階層を移動できる。適当なフォルダを選んで、Poserフィギュアなどのアイコンが表示されるかどうか確かめよう。


▲Poser7フィギュアのアイコンが表示された

 せっかくなので、フィギュアを呼び出してみよう。

画面上部のメニューから、File→Newを選択

 

New Documentウインドウが開くので、Empty Sceneをクリック

 なお、設定によってはこのウインドウが開かないこともある。また、Presetsとか他のやつを選んでも特に支障はない。好きなのを選んでOKだ。

 「3DView of xxx」が開く。画面左下の「Browser」タブをクリック


 さっきまで出ていたPoserのアイコンが急に消えてしまうが、このBrowserタブをクリックすればまた出てくるのでひと安心。

 Contentパネルが再び表示されるので、Poserフィギュアのアイコンを3D View内にドラッグ&ドロップする


 しばらく時間がかかり、3DView内にPoserフィギュアが表示される。

 表示されるまで、ある程度の時間がかかる。イラついてあちこちクリックせず、おとなしく待とう。なお、Runtimeフォルダ登録直後は、このフィギュアの呼び出しがうまくいかないことがある。そういう場合は試しに、Carraraを再起動してみると、もしかしたらうまくいくかも知れない。

関連: Carrara7製品情報 


Cararaは、比較的低価格ながらモデリング、レンダリング、アニメーションの充実した機能を持つ統合3DCGソフトです。3DフィギュアポージングソフトPoserとの親和性も高いです。

Poser関連の情報は、Poser覚書にまとめてあります。
トップページ> Carrara操作 > Poser連携 もくじ