トップページ> プラグイン・関連ソフト > Jiggle

Jiggleで乳揺れアニメ その1

 驚異の乳揺れプラグイン、jiggleを使ってムービーを作る手順を覚書してみたい。


▲完成イメージ

 PoserからCarraraにデータを渡す方法はいくつか用意されているが、乳揺れアニメーションに関して言えば「ライブラリ経由で渡す」のがベストなようだ。たぶん。今回は、モーションデータがbvhファイル形式で用意してあることを前提にはじめよう。もちろん、自分でイチからモーションを作っても構わない。

Poser側での準備作業

Poserを起動し、Carraraに取り込み予定のフィギュアをライブラリから呼び出す


▲BelBelを呼び出した。

 今回使用しているのはPoser7英語版だ。オリジナルのフィギュアなら、いったんライブラリに登録しておく必要がある。(※cr2ファイルなどに日本語文字が混入しているとうまく渡せないかもしれない)

 なお、髪や服は特に着せなくてもOK。

 画面上部のメニューから、File→Import→BVH motion...を選択

 Importウインドウが表示されるので、bvhファイルを指定して「開く」をクリック。 

 ※今回のサンプルに使っているbvhファイルは、ハル○のあの踊りをPoserで再現 - Poser覚書からダウンロード可能。


 BVH Export/Import Options画面が表示される。そのままOKをクリック

 これでモーションが読み込まれた。しかし、このモーションデータは Aiko3 用なので、BelBelに読み込むと白目をむいてしまう。


▲しろめ

 この白目をとりあえず直しておこう。bvhモーションには目の動きが入っているのだが、目の動きだけ初期化してしまうことにする。

 画面右下の「カギ」のアイコンをクリック

 

 そんなの出てないぞ、という場合は、画面下中央のツマミっぽいのをクリックすれば出てくる。

 アニメーションパレットが表示される
 Left EyeとRight Eyeの1フレーム目以外をマウスで選択し、Deleteキーで削除

 パラメータパレット左上のメニューにて、Body Parts→「Right Eye」を選択
 パレット右上の三角マークをクリックし、Restoreを選択

 右目が本来の位置に戻った。

 同様に「Left Eye」も元の位置に戻す。

 両方の目が本来の位置に戻った。

 画面右のライブラリにて「Poses」を選択
 その下の小さい▼をクリック

 

 メニューが表示されるので、「Add New Category」を選択

 これは何をしているかというと、整理用のフォルダを作っているのだ。そんなのいらねえよという人は、別にこのフォルダを作らなくてもかまわない。

 New Library nameの下に「for Carrara」を入力し、OKをクリック

 ライブラリ「Poses」内に「for Carrara」というフォルダが出来上がる。

 「for Carrara」をダブルクリックして、フォルダ内に移動
 ライブラリ下部の「+」ボタンをクリック 

 これは、ポーズ(アニメーション)をライブラリに登録するためのボタンだ。長かったが、ようやくここまでやってきた。

 「New Set」ウインドウが表示されるので、アニメーション名を入力し、OKをクリック

 アニメーション名は、アルファベットで入れておいたほうが無難だ。

 「Save Frames」ウインドウが表示される。
 「Multi Frame Animation」にチェックをつけ、Start Frameに1を、End Frameに最終フレーム数を入力する。


 しばらく時間がかかり、ライブラリにアニメーションが登録される。

 これでPoser側の作業は終了だ。お疲れさまである。次回はいよいよ、Carraraでの作業に入っていこう。

関連:

次のJiggleで乳揺れアニメ その2へ

Cararaは、比較的低価格ながらモデリング、レンダリング、アニメーションの充実した機能を持つ統合3DCGソフトです。3DフィギュアポージングソフトPoserとの親和性も高いです。

Poser関連の情報は、Poser覚書にまとめてあります。
トップページ> プラグイン・関連ソフト > Jiggle もくじ